アキバ ショップ情報   

日本有数のゲームショップ激戦区秋葉原には、

レトロゲーム大好きな人間が泣いて喜びそうな品揃えの店がわんさとあります。

ライトユーザーからヘビーユーザーまで多様なニーズに応える!そんなアキバの濃い店達を紹介します。

ご存知の店ばかりだとは思いますが、捜してみてください。

 

それにしても、秋葉原は以前よりお買い得な掘り出し物が少なくなったなぁ。

 

  ソフマップ  

コンシューマゲームソフト買い取り&中古販売再スタート!

ポイントカードでさらにお買い得になる為、表示価格だけでは判断しにくい。

帯無ソフトが多いのが玉にキズ。品揃えはまだまだ。

2010年現在は、アミューズメント館(旧秋葉原1号店)の3階がアツい。

ひとフロアすべて中古ゲームになり、品揃えも充実してる為、探しに行く価値あり

2016年現在はビックカメラグループに吸収されたせいかレトロゲームは皆無。

アミューズメント館もPS2以降のみの取り扱いとなってしまった。ゲオ並。ブックオフ以下。残念…

 

  まんだらけ  

もともとは中古漫画買取を主としていたが、近年レトロゲームの取り扱いもはじめた。

中野の総本山から秋葉原にも進出。秋葉原店の品揃えは全然たいしたことが無いが、穴場である。

ちなみに中野の総本山の品揃えのほうがすごい。

ビルの5階へELVでレッツゴー。

2010年現在は、まんだらけタワー(正式名称は「まんだらけコンプレックス」)に行くべし

ちょっと暗めの店内にズラっと並んだ様は壮観。

箱説付の品揃えと状態の良さは、さすがアキバNo.1の買い取り価格の店だけはある。

値段高めだが、B級品狙いならここがお勧め。個人的には状態Cでも大して悪くない状態だと感じた。

店員に言えば、ビニールを開封して中の状態や付属品の有無をチェックさせてもらえる。

壁一面のガラスケース内には5桁プライスのプレミアソフトが所狭しと並んでるので一見の価値あり。

 

  メディアランド(旧ゼット) 閉店しました

ろんな意味で超有名レトロゲームショップ。

何年も前からレトロゲームに価値を見出して高値で買い取り、販売をしている店。

店内は狭いが、博物館並に希少ゲームに出会える可能性が高い。

ゲームウォッチや、蛍光管ゲーム、MSX、マークV、PC-98、NG、LINX、高速船、ジャガー、アタリ、ぴゅう太、SC/SGシリーズ用、FX、32X、メガCDなどなど、

他店では取り扱わないような激マイナー品も本気で扱っているところが漢である。

現在はマイナー系ハード関連、およびファミコン以前の旧機種は取り扱ってないようです。

また、現行機種以外の品揃えが激減してしょぼくなってしまいました。残念!

商品の状態は最高に良く、金に糸目をつけない美品コレクターを意識しているのがよくわかる。

売価・買い取り価格は、一般人や一見さんなら目が飛び出るほど高い。

が、その分、買取時の査定が半端じゃなく厳しいので、買い取り価格表を真に受けてしまうと痛い目にあう(経験あり)。

「傷有り」とか「箱痛み」とか書いてあっても、全然遜色ない割に安いものが多く、

美品コレクター・完品コレクターでなければ、B級品狙いが吉。

値段の幅が広く、レア品でなければ、とことん安い為、普通の買い物をする分にはお買い得。

東京のレトロゲームの値段を知りたければここに行けといっても過言ではないと思う。

跡地にゲオができたが、ゲームの取り扱いをやめてしまうとのこと。合掌。

(写真がひどくてゴメンナサイ)

  

トレーダートレーダー2(旧メッセサンオー)  

スーパーファミコン以前のハードに関しては2だけで取り扱い。

現在では、ガード下の2でのみ旧機種取り扱っているようです。

状態は良く、品揃えはかなり豊富。だが、値段はやや高め。

今、旧機種用ソフト探すならトレーダー2!

レトロゲームが2階から1階に移り、とてもショボイ品揃えになってしまい、ショックです。

トレーダー2がガード下に移動して再び広くなった!

…と思いきや、買い取りカウンターと同じフロアで、大して広がっていなくないかい!?

「くにおくんドッヂボールトーナメントスペシャル」の盾付きはアキバでは今やこの店にしかない。

初回版や限定版なのかそうでないのかの表示と、付属品の有無や状態の表示がしてあり、とても良心的。

トレカ・テレカ付の物もあり、常に非売品や抽プレものが売っている。

店員のコメントの書いてあるPOPが面白い。2ではデモでレトロゲームを流している。

2018年現在は中央通り沿いのトレーダー本店でのみレトロゲームを取り扱っている(2F)

  

リバティー  

秋葉原に数店舗、関東各地にいくつもの店舗を持つ店。

レトロゲームは主にFC・PCE・MDを扱う。

ゲームだけでなく、新品と中古のCD・ビデオ・DVD・LD・PCソフトなどを取り扱い、

店舗によってはレンタルやアニメグッズ・書籍(主にマンガ)の扱いをしている。

一時は激安で掘り出し物が手に入ったが、最近本格的に取り扱うようになってから、

品揃えが充実した替わりに値段は高騰し、たまに恐ろしいプレミア価格が生まれるときもある。

以前、サーカスライド新品10万円を見かけたのはこの店である(笑)

状態はあまり気にしないらしく、酷い状態のも、美品もあまり値段は変わらない。

中には説明書欠品のものもあるので要注意(パッケージに記載)。

最近、レトロゲーム専用フロアができ、探しやすくなったが、レア物は少ない。

2015年現在はフィギュアやCD/DVDに力を入れているようで、ゲームソフト売り場自体は大幅縮小されてしまっている。

PS、SS以降のみの取り扱いになってしまった…

アキバ名物リバティータワー

 

  マックスロード  

閉店しました

中古PC用ソフト(主にアダルト)もかなり置いている店。

並べ方が雑で探しにくいが、値段はまあまあ。掘り出し物に会えることがある。

 

  DSタイム 

閉店しました 

どっから見つけてくるのか、新品のレトロゲームを置いてる店。

中古はなく、新品なので、値段はそれなりにするが、ごくたまに掘り出し物や、探し物が見つかる。

一応品物の入れ替えをするようで、前に久しぶりに行ってみたら

新品ディスクシステム本体やツインファミコン本体が山積みされてたことがあったりとなかなか面白い。

 

  紙風船 閉店しました

比較的新しい店。2階がTVゲーム専門フロアになった。試遊台で遊べる。

ジャンクショップっぽいイメージがあるが、数少ない掘り出し物に会える店。

レトロゲームはほとんど扱わなくなりました。値段はものによっては安め。

2016年現在、フィギュアとコスプレに力を入れた為、PS3以降しか置いてません。

(これまた写真が酷くてゴメンナサイ)

 

  フレンズ  

値段のつけ方が独特で、店長(3階にいていっつもネットを見てる)のこだわりを感じる店。

ただ、新品や未開封品など、高い物はとことん高い。

非売品・レアものはショーケースの中。

バーチャルボーイとか、ファミコンの攻略本とかもかなりある。

店頭には出てなくてもバックヤードに恐ろしい量があるので、

捜している品があったら直接聞いてみるのが良い。値段は交渉次第…かな?

過去に、ショーケースの中にSFC「くにおくんドッヂボールトーナメントスペシャル」があったが、

売る気がないらしく、「売るとしたら100万円」とか言われた(笑) は18万円なので、

お金をためて2個目としてねらってるとこ(笑)

「リンクの冒険」カセット版(ゼルダU)は店頭展示品で売れないってさ

2015年

2010年

間違っても1階じゃないよ(爆)

 

  スーパーポテト  

大阪のレトロゲームショップの雄が東京に進出。

今アキバでレトロゲーム探すなら、ココ!

店内はあえて照明を暗くしていて趣があり、見ていて面白く、飽きない。

ゲームグッズ(ゲーセンプライズものやカプセルトイなど)も随所にあり、

コントローラーのみとか、コントローラーのボタンのゴムだけとか、痒いところに手が届く品揃え。

幅広いジャンルのレトロゲームを取り扱っている。ディスクカードなど、任天堂系の品揃えはよい。

裸ソフトなら秋葉一と思われるその量に圧倒される。

バーチャルボーイ専用試遊台がレジ前に鎮座しているから拝んでおけ!

最近4階もでき、攻略本とゲームサントラがめちゃ充実!でも高過ぎ!

旧機種も多数扱ってます。中古ハード、周辺機器類も多数。

過去の最高額は「くにおくんのドッヂボールトーナメントスペシャル」の69万円!!

「ロックマン4」ゴールドが都内で唯一置いてるが、絶対にこっちの方がレアだぞ!

池袋店ができたせいか、全体的に店頭在庫数がかなり薄くなってる。レア物はショーケースの中。

2016年外国人観光客の方が多数来店するようになった。でもみなさん礼儀正しいので不快感は特になし。

裸のファミコンカセットを探すならここ。タイトル名順なのだが、「あ」行でまとめるのではなく、

「あ」と「い」と「う」と「え」と「お」を分けて並べていてさらに側面にタイトルが書かれて探すのが楽。

同タイトルが複数本並んでいるので、細かなバージョン違いの確認にも最適w

 

  キャンプ レトロげーむ 7号店  

レアゲーは少ないが、価格設定が相場と少し違う為、アキバで唯一掘り出し物に会えそうな店

ただ、本数の割にはタイトルのダブりや裸が多く、実際の種類は少なく感じた。プレミアソフトは少な目。

状態はあまり良くないものが多いように感じる。

2016年

 

 

BEEP

2015年にオープンした店。レトロゲームだけ扱っているわけではないが品揃えはよい。ファミコン以前のハードにも力を入れてる数少ない店。

店内に入った時の暗い照明と狭い店内に施された愛を感じる装飾。久々にワクワクできる店ができたなという印象だ。

業務用基板やコンパネから、レトロPCゲームまで取り扱っている。90年代のアキバに此処だけタイムスリップしたような雰囲気を感じる。

「ディーヴァ」のコンプリートや「ダライアスα」当選通知付がショーケースに飾られていた。

また、店頭だけでなくヤフオクに大量に出品している。出品価格が安いのでつい入札してしまう(笑)。

落札した経験上から述べるが、出品してる品の状態は悪くないし、

動作確認はもちろんのこと、詳細を画像でアップ・説明してくれているので安心して入札できる優良店である。

経営母体は 株式会社三月うさぎの森 であり、BEEPはただの店舗名である。

地下

 

駿河屋

ネット買取・販売で有名な静岡のショップが秋葉原にも遂に進出。オープン当初の入場制限による大行列もなくなり、やっと探しやすくなった感。

PS1・PS2が他の店より豊富に見えた。裸ファミコンはかなりの本数だが狭い所にブリスターでかかっていて探しにくい。

雑誌類や周辺機器関連が充実しているのが他店との差別化になっている。

プレミアソフトはショーケース1スパン分だけと思ったよりも少ない印象。2スパンとレジ前に拡大してました。

何本かダブりソフトを売ってみたところ、状態やタイトル問わずとにかく買い取るといった感じ。

確かに売っている商品も箱傷みや色褪せ等が多く散見される為要注意。

あと通路が狭く、誰かがしゃがんでいると通れない。

何度か利用させて頂いて気付いたが、某プレミアショップと違って、品揃えで勝負といった感じを受ける。

廉価版やベスト版、体験版やサンプル版などもあり、プレミアが付いてないけど見つからない裏レアや超マイナー品といった掘り出し物に期待ができる。

オープンの頃よりもプレミア品ショーケースが拡大しているが、売る気が無い価格設定は失笑しか出ない。

この店の特徴の一つとして、CDの帯の有無に無頓着なところがある。買取時も販売時も帯の有無で値段が変わる事はない。

帯付きなのにケースの中にしまったままで陳列してあったりする為、一見すると帯なしに見えてしまったりするので注意。

 

inserted by FC2 system